満足のウィリアムズ&一貴 

マレーシアGP金曜フリー走行で、ウィリアムズトヨタは、本家トヨタ、好調BMW、どん底ホンダとフルワークス勢を凌ぐタイムを披露。今週末も、古豪プライベーターの意地を見せてくれそうです。

金曜フリーを5位5位で終えたロズベルグのコメント
「今日の2回のセッションでは、いくつか適当なセットアップを見つけることができたよ。
でも、今のところ僕たちがどのあたりにいるのかはまだよく分からないね。
明日の最後のフリー走行が終わる頃までには、もうちょっと分かっているだろうね」

また、最終コーナーでスピンし止まってしまった中嶋一貴について、
サム・マイケルTDは、「スピンは単純なものだったが、トラブルはその後に起きた。
一貴のマシンにソフトウェアのトラブルが生じたため、ギヤをセレクトできなくなり再スタートができなくなってしまったんだ。」とコメントしました。

ミスからリカバリーしての8番手タイム、頼もしい限りです。
FMotorsports