F1 2014モナコGP予選:ロズベルグがPP!可夢偉は21番手 

2014年F1モナコGPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:17.557でトロロッソのベルニュ。

ケータハムの小林可夢偉は21番手、エリクソンは22番手。

脱落:ザウバーのグティエレス、スーティル、マルシャのビアンキ、チルトン、ケータハムの小林可夢偉、エリクソンの6台。


予選Q2:
トップタイムは、1:16.354でメルセデスのハミルトン。

マクラーレンのバトンが脱落。

脱落:フォースインディアのヒュルケンベルグ、マクラーレンのバトン、ウィリアムズのボッタス、ロータスのグロージャン、マルドナードの5台。
走行できず:(エリクソンに当てられた)ウィリアムズのマッサ。


予選Q3:
ポールポジションは、1:15.989でメルセデスのロズベルグ。
2番手は、メルセデスのハミルトン。3番手は、レッドブルのリカルド。

4番手以下:レッドブルのベッテル、フェラーリのアロンソ、ライコネン、トロロッソのベルニュ、マクラーレンのマグヌッセン、トロロッソのクビアト、フォースインディアのペレス。

最終アタックはミスで終わったものの、ロズベルグがPPを獲得です。
レースではレッドブルがスタートを決めて、メルセデスの前を一瞬でも走ってもらいたいものですがね。

明確に1弱となったケータハムですが、可夢偉はレースでマルシャの前を走ることが出来るでしょうか。

伝統のモナコGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
フジテレビNEXTで、25日(日)午後8時30分から完全生中継開始です。
BSフジで、25日(日)午後11時30分から録画放送開始です。
地上波フジテレビ(関東ローカル)で、6月2日(月)午前1時10分からの番組内で放送されます。