ルマン24時間:大クラッシュのトヨタ8号車、3位表彰台を獲得! 

第82回(2014年)ルマン24時間レースが終了し、アウディ2号車が制しました。

序盤の大雨で大クラッシュしていたトヨタ8号車は、粘り強く走り続け、絶対王者アウディに次ぐ3位表彰台で終えました。
首位を快走していたトヨタ7号車は、電気系トラブルでリタイアしています。

日本チーム&日本人ドライバーのファンにとっては、悔しい結果ですが、総合力のアウディの強さに感服です。
「継続は力なり」なだけに、トヨタには2015年も参戦してもらいたいところです。


日産が最高峰LMP1クラスに復帰する2015年は、テレビ放送ならではのHD高画質で24時間をフルに楽しみたいものです。
現状テレビ放送のない現地深夜帯も、日本語実況解説なしで良いので、是非『テレビ放送』で楽しみたいものですが、JSPORTS様。


WEC第3戦ルマン24時間レースを終え、第4戦は9月20日のオースティン6時間レースとなります。
速さはトヨタがNo.1なので、アウディ、ポルシェを従えての総合優勝を期待します。


悔しいルマン24時間を終え、
豊田章男社長自らレーサー『モリゾウ』として参戦した事もあり、理解があるニュルブルクリンク24時間耐久レースが、6月21日-22日に開催されます。
※2014年は、参戦できないようでしたが、本当に好きなのでしょう、参戦しています!

そして、2014年は日本国内初となる「テレビ放送」での生中継が、JSPORTSで行われる事が決定しています。ニュルには日本勢が多数参戦するので、24時間の生中継ではありませんが、F1カナダGP、ルマン24時間、ニュル24時間と、F1以外も好きな日本人にとっては、3週続けて(幸せな)睡魔との戦いとなりそうです。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース:テレビ放送予定