Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1 2014ドイツGP予選:ロズベルグが母国PP!可夢偉は健闘の20番手

2014年F1ドイツGPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:17.631でメルセデスのロズベルグ。

メルセデスのハミルトンが、マシントラブルで大クラッシュ、赤旗中断。

ケータハムの小林可夢偉は20番手、エリクソンはマシントラブルで走行できず。

脱落:ザウバーのスーティル、マルシャのビアンキ、ロータスのマルドナド、ケータハムの小林可夢偉、マルシャのチルトン。
タイムなし:マルシャのチルトン。


予選Q2:
トップタイムは、1:17.109でメルセデスのロズベルグ。

脱落:マクラーレンのバトン、フェラーリのライコネン、トロロッソのベルニュ、ザウバーのグティエレス、ロータスのグロージャン。
タイムなし:メルセデスのハミルトン。


予選Q3:
ポールポジションは、1:16.540でメルセデスのロズベルグ。
ウィリアムズのボッタスが2番手、マッサが3番手。

4番手以下:マクラーレンのマグヌッセン、レッドブルのリカルド、ベッテル、フェラーリのアロンソ、トロロッソのクビアト、フォースインディアのヒュルケンベルグ、ペレス。

ライバルのハミルトンが大クラッシュで終得ていた事もあり、ロズベルグが母国で確実なPPを獲得です。
レースでは、ウィリアムズに攻めた戦略で、優勝争いをしてもらいたいものです。

昨日の惨事を思えば、格上マルシャの1台を上回った可夢偉は、さすがでしょうか。
レースでは、マシンがぶっ壊れず、完走してもらいたいところです。

ドイツGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
フジテレビNEXTで、20日(日)20:30から完全生中継開始です。
BSフジで、20日(日)23:30から録画放送開始です。