F1 2014ドイツGP決勝:ロズベルグが母国GP初優勝!可夢偉は16位完走 

2014年F1ドイツGPの決勝レースが終了しました。

優勝:ロズベルグ(メルセデス)
2位:ボッタス(ウィリアムズ)
3位:ハミルトン(メルセデス)
4位:ベッテル(レッドブル)
5位:アロンソ(フェラーリ)
6位:リカルド(レッドブル)
7位:ヒュルケンベルグ(フォースインディア)
8位:バトン(マクラーレン)
9位:マグヌッセン(マクラーレン)
10位:ペレス(フォースインディア)
完走:18台

ケータハムの小林可夢偉は16位、エリクソンは18位。

ロズベルグが20番グリッドスタートのため、ロズベルグが盤石のレース展開で、母国GP初優勝です。

マッサがスタートで横転クラッシュするふがいなさの一方、ボッタスが見事な今季3回目の表彰台獲得です。

可夢偉は、格上マルシャの1台を抑えつつ、16位完走。
ハンガリーGPは、無事参戦できるでしょうか。

連戦となるハンガリーGPのフジテレビ放送予定は、
フジテレビNEXTで、金曜フリー走行1を7月25日(金)16:55から 完全生中継開始です。
BSフジで、予選を7月26日(土)24:00から 録画放送開始です。