ケータハム、ベルギーGPでは可夢偉に代えてロッテラーの起用を正式発表! 

ケータハムF1チームは、今週末のベルギーGPに、小林可夢偉に代えて、アンドレ・ロッテラーを走らせる事を、正式発表しました。
ベルギーGPには、アンドレ・ロッテラーと、マーカス・エリクソンが、参戦します。


昨日の時点で、詳細な噂情報が出ていたので、驚きはないものの、現実となってしまいました。
ロッテラーは、多額のスポンサーを持ち込み、シートを購入しました。
所謂ペイドライバーですが、日本のトップドライバーとして、ペイドライバーでF1で最も遅いだろうエリクソンぐらいは、上回ってもらいたいものです。

イタリアGP以降のF1復帰を願いたいものですが、必要なものが実力や速さではなく札束である以上、難しいのでしょうかね・・・。
なお、ケータハムには大金を武器に多くのドライバーが売り込んでいる現状、可夢偉復帰のためには、日本企業の支援をお願いしたいものです。