F1 2014ベルギーGP予選:ロズベルグがPP!ロッテラーは21番手 

2014年F1ベルギーGPの予選が終了しました。

予選Q1:
ウェットコンディションとなった予選。
トップタイムは、2:07.130でメルセデスのロズベルグ。

ケータハムのロッテラーは6秒遅れの21番手、エリクソンは22番手。

脱落:ロータスのマルドナード、フォースインディアのヒュルケンベルグ、マルシャのチルトン、ザウバーのグティエレス、ケータハムのロッテラー、エリクソン。


予選Q2:
トップタイムは、2:06.609でメルセデスのハミルトン。

脱落:トロロッソのクビアト、ベルニュ、フォースインディアのペレス、ザウバーのスーティル、ロータスのグロージャン、マルシャのビアンキ。


予選Q3:
ポールポジションは、2:05.591でメルセデスのロズベルグ。
2番手は、メルセデスのハミルトン。3番手は、レッドブルのベッテル。

4番手以下:フェラーリのアロンソ、レッドブルのリカルド、ウィリアムズのボッタス、マクラーレンのマグヌッセン、フェラーリのライコネン、ウィリアムズのマッサ、マクラーレンのバトン。

3番手のベッテルを2秒以上引き離す、別次元の二人の争いを制した、ロズベルグがPPを獲得です。

ロッテラーは、いきなりのF1に加え、雨の予選ながらも、エリクソンを上回る21番手。
これだけ遅くても、シートが安泰なエリクソン。可夢偉ファンとしては悔しいですが、ケータハムが生き残るためには、ペイドライバーにシートを買ってもらうのが現実的ですしね・・・。

ベルギーGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
フジテレビNEXTで、24日(日)20:30から完全生中継開始です。
BSフジで、24日(日)23:30から録画放送開始です。