Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1 2014シンガポールGP予選:わずかな差でハミルトンがPP!可夢偉は20番手

2014年F1シンガポールGPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:46.685でフェラーリのライコネン。
ザウバーのスーティルが脱落。

ケータハムの小林可夢偉は20番手、エリクソンは22番手。

脱落:フォースインディアのスーティル、ロータスのマルドナード、マルシャのビアンキ、ケータハムの小林可夢偉、マルシャのチルトン、ケータハムのエリクソン。


予選Q2:
トップタイムは、1:45.825でメルセデスのロズベルグ。

脱落:マクラーレンのバトン、トロロッソのベルニュ、フォースインディアのヒュルケンベルグ、ザウバーのグティエレス、フォースインディアのペレス、ロータスのグロージャン。


予選Q3:
ポールポジションは、1:45.681でメルセデスのハミルトン。
2番手は、メルセデスのロズベルグ。タイム差は、+0.007。
3番手は、レッドブルのリカルド。

4番手以下:レッドブルのベッテル、フェラーリのアロンソ、ウィリアムズのマッサ、フェラーリのライコネン、ウィリアムズのボッタス、マクラーレンのバトン、トロロッソのベルニュ。

1000分の7秒差で、ハミルトンがPPを獲得です。

ピレリにタイヤ代を支払えず、木曜の時点でタイヤが供給されないという、悲惨な状況のケータハムで、可夢偉はマルシャの遅い方を上回る健闘の結果。
レースでは、マルシャ勢と競り合っての完走を期待したいものです。

シンガポールGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
フジテレビNEXTで、21日(日)20:30から完全生中継開始です。
BSフジで、21日(日)23:30から録画放送開始です。