F1 2014シンガポールGP決勝:ハミルトンがランキングトップに! 

2014年F1シンガポールGPの決勝レースが終了しました。

優勝:ハミルトン(メルセデス)
2位:ベッテル(レッドブル)
3位:リカルド(レッドブル)
4位:アロンソ(フェラーリ)
5位:マッサ(ウィリアムズ)
6位:ベルニュ(トロロッソ)
7位:ペレス(フォースインディア)
8位:ライコネン(フェラーリ)
9位:ヒュルケンベルグ(フォースインディア)
10位:マグヌッセン(マクラーレン)
完走:17台

ケータハムの小林可夢偉は、マシントラブルでリタイア。

長い2時間レースを、ハミルトンが優勝です。
ロズベルグが、マシントラブルでリタイアしたため、ハミルトンがチャンピオンシップのトップです。

可夢偉は、フォーメーションラップ中にオイル漏れが発生し、スタートさえできずに終わりました。チームが消滅しそうですが、何とか日本GPへの参戦を願いたいものです。

例年通り特番体制となる日本GPのフジテレビ放送予定は、
全戦全セッション完全生中継のフジテレビNEXTは、金曜フリー走行1を10/3(金)9:55 から完全生中継開始です。
全戦録画のBSフジは、予選を10/4(土)19:00 から録画放送開始です。