F1 2014アメリカGP予選:ロズベルグがPP! 

2014年F1アメリカGPの予選が終了しました。

予選Q1:
脱落:トロロッソのベルニュ、ザウバーのグティエレス、レッドブルのベッテル、ロータスのグロージャンの4台。


予選Q2:
脱落:ロータスのマルドナード、フォースインディアのペレス、ヒュルケンベルグ、トロロッソのクビアトの4台。


予選Q3:
ポールポジションは、1:36.067でメルセデスのロズベルグ。
2番手は、メルセデスのハミルトン。3番手は、ウィリアムズのボッタス。

4番手以下:ウィリアムズのマッサ、レッドブルのリカルド、フェラーリのアロンソ、マクラーレンのバトン、マグヌッセン、フェラーリのライコネン、ザウバーのスーティル。

小林可夢偉所属のケータハムと、マルシャが破綻したため、18台参戦に留まったアメリカGP。
チャンピオン候補の二人の争いを制したロズベルグが、PPを獲得です。
レースでは、ハミルトンが、有利となるのでしょうか。

アメリカGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
フジテレビNEXTで、2日(日)28:30から完全生中継開始です。
BSフジで、3日(月)22:00から録画放送開始です。