佐藤琢磨、今回はポジティブ 

マレーシアGPを13位で終えた佐藤琢磨は、不満だった予選とは違い、決勝レースはポジティブだったとコメントしています。

また、レース序盤のアクシデントについて、トロロッソのリウッツィが琢磨を批判していますが、レースアクシデントなので琢磨だけに非はありません(お互い様)。

佐藤琢磨のコメント
「スタートはよかった。いろんなことが起こり、ターン1とターン2はたくさんのマシンが横並びで突入した。その渦中で僕のマシンはフロントノーズにダメージを負い、パフォーマンスに影響が出る結果となった。
ターン4のエントリーで僕はトロ・ロッソと並び、行き場を失ってグラベルに突っ込んでしまった。それで、順位をだいぶ落としてしまった。数台抜き返した時はエキサイティングでいい戦いができた。
その後、2回目のピットストップで数秒ロスしているので、もっと上のポジションでフィニッシュするのも可能だったとは思うが、今回はポジティブな結果だと思っている」FMotorsports