2015F1マレーシアGP予選:ハミルトンがPP!ベッテルが2番手 

2015F1マレーシアGPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:39.269でメルセデスのハミルトン。

マクラーレンのバトンは17番手、アロンソは18番手で脱落。

脱落:ザウバーのナスル、マクラーレンのバトン、アロンソ、マノーのメルヒ。
走行せず:マノーのスティーブンス。


予選Q2:
開始数分でスコールに襲われたQ2のトップタイムは、1:39.377でメルセデスのロズベルグ。

うまくタイムを出せなかったフェラーリのライコネンが、脱落。

脱落:フェラーリのライコネン、ロータスのマルドナード、フォースインディアのヒュルケンベルグ、ペレス、トロロッソのサインツ。


予選Q3:
スコールで、30分近く延期さえたQ3。
ポールポジションは、1:49.834でメルセデスのハミルトン
2番手は、フェラーリのベッテル。3番手は、メルセデスのロズベルグ。

4番手以下:レッドブルのリカルド、クビアト、トロロッソのフェルスタッペン、ウィリアムズのマッサ、ロータスのグロージャン、ボッタス、ザウバーのエリクソン。

ウェットから乾いていく難しいコンディションも関係なく、王者ハミルトンがPPを獲得です。フェラーリの新エース・ベッテルもさすがの2番手、レースではメルセデスと少しでも戦えることを期待です。

マクラーレンホンダの2戦目は、結果はともかく、大きなトラブルなく、予選までを終えました。
決勝は、2台そろって、トラブルフリーで完走してもらいたいところです。

マレーシアGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
フジテレビNEXTで、15:30から完全生中継開始です。
BSフジで、23:30から録画放送開始です。