Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


冨田代表、徹底的に調査を

トヨタやルノーなどが、カスタマーカー問題でスパイカーを支持することについて、トヨタのチーム代表、冨田務氏のコメントが掲載されています。

反対理由について
「2008年ならば、この件に関してはなんの問題もない。しかし、2007年では禁止されている事柄だ。これは非常にはっきりしている。そのため、我々は反対せざるを得ない。」
SA07について
「この問題の象徴的な例は、スーパーアグリのラジエーター、そして土台の部分に表れている。これらは、昨年のホンダのマシンとほぼ同じデザインだ。完全に空力の面で影響を受けており、その部分は同じものだと言える。」
今後は
「これまで調査を実施する機会など全くなかったし、詳細まで調べることは不可能だった。個人的に、2007年のアグリのマシンと2006年のホンダのマシンを横に2台並べて、全ての部品を比べてみることをバーニーにはおすすめするよ。」(AUTOSPORT)

ホンダとトヨタの関係から、トヨタを敵対視してしまいそうですが、冨田代表のコメントが正論であることは間違いないです。ただ、琢磨ファンとして、SA07が、オリジナルシャシーであることが、証明されることを願います。FMotorsports