バーレーンテスト後半初日 

バーレーン合同テスト後半初日は、フェラーリのエースドライバー候補マッサがトップタイム。ライコネンが2番手。フェラーリ独走のつまらないシーズンの可能性も…。ルノーのコバライネンが大クラッシュ、彼は無事だったものの、マシン修復に時間がかかる模様です。
日本勢は、トヨタがルノーに次ぐタイムを記録しています。ラルフが古傷の背中を打ったためテストを中止しています。ホンダはテストカラーで再び登場、新カラーでの走行はGPまでお預けでしょうか。
SAF1からは、エース佐藤琢磨が登場しています。期待していた新車SA07は登場せず、やはり順調にはいきませんでした…。