Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


バルセロナ合同テスト1日目:琢磨快走!

スペイン・カタロニアサーキットでの合同テスト初日は、全チームが参加して行われました。各チームヨーロッパラウンドに向けて、非常に重要なテストです。FMotorsports

初日、トップタイムを記録したのは、フェラーリのキミ・ライコネンでした。2月の合同テストの最速タイムと同じなので、セッティングが決まってくれば、さらなるタイムアップが期待されます。
2位に、スーパーアグリの佐藤琢磨。ライバルたちとは状況が違うので比較できませんが、2月のテストより2秒以上速くなっているのは素晴らしいことです。
3位に、特徴的なデザインのフロントウイングを投入した、マクラーレンのデラロサ。

日本勢は、シケインパスでトップタイムは幻になったものの、4位タイムを記録したトヨタのラルフ・シューマッハ。スペインGPでは、ライバルのルノーとも良いバトルが期待できそうです。ウィリアムズトヨタのミスかトラブルかで中嶋一貴は11位に沈んでいます。

ホンダ勢は、好調スーパーアグリに対して、相変わらず後れている本家という構図は変わらず、ルーベンス・バリチェロが6番手タイム。

まだまだ、ラップタイムの更新が期待できそうなバルセロナ合同テストは、明日も続きます。