Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


ポールリカールテスト2日目:琢磨好調維持

ポールリカール合同テスト2日目は、安定した気候で全チームが100周以上走行しています。FMotorsports

2日目のトップタイムは、2日続けてマクラーレンのルイス・ハミルトン。前日のタイムを上回る1:05.614でした。
2位はフェラーリのフェリペ・マッサ、3位はBMWのロバート・クビカで、あくまでテストですが、やはり3強は速いです。

日本勢は、スーパーアグリのエース佐藤琢磨が5位。テスト状況が違うとはいえ、トップから0.6秒遅れと順調に進歩している感じです。
ホンダのルーベンス・バリチェロが7位。相変わらず中途半端なポジションです。

トヨタのラルフ・シューマッハは9位。中盤チームは激戦なので少しの遅れて下位に沈んでしまいます。乗れてるヤルノと違いラルフは今後も厳しい戦いが続きそうです。

テスト3日目は、カナダGPを想定したコース設定に変更され開始されます。
後がないホンダの新スペック車(実質新車?)に注目です。