Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


ポールリカールテスト3日目:ライコネントップタイム

ポールリカール合同テスト3日目は、カナダGPを見据えた1E V2と言うコースレイアウトで行われています。FMotorsports

3日目のトップタイムは、フェラーリのキミ・ライコネン。1分28秒833で、唯一28秒台を記録しています。
2位は、トロロッソのスコット・スピード。2位から7位のウィリアムズまで0.3秒の激戦となっています。3位は、ルノーのヘイキ・コバライネンでした。

日本勢は、トヨタのフランク・モンタニーがトップから0.4秒遅れの6位でした。

ホンダは、ルーベンス・バリチェロとクリスチャン・クリエンがテストに参加。Bスペックともニューマシンとも言われ、期待されるものの9位10位に沈んでいます。
スーパーアグリは、再びジェームス・ロシターがテストに参加。この日最多となる114周を走行しています。

あくまでテストですが、トロロッソが2位に入るなど中盤チームは激戦です(ホンダは下位チームのまま…)。中盤戦を占う上で重要なポールリカールテストは、最終日を迎えます。