スーパーアグリ・クケレラ、車のセットアップは全く違う 

カナダGPプレビューには、23 号車レースエンジニア、アントニオ・クケレラのインタビューが掲載されています。

Q: モナコとジル・ビルヌーブサーキットはかなり似ていますね。
両方ともストリートサーキットで、バリアがトラックと信じられないくらい近くてオーバーテイクできるところが少ない。カナダに役立てるために、何をどれくらい学びましたか?

AC: どちらのサーキットもグリップが低いから、BS のスーパーソフトタイヤを使うことになりそうだし、バリアがリスクを冒す機会を制限することも同じだよね。でもその反面、車のセットアップは全く違う。
カナダはローダウンフォースのサーキットで、平均速度はとても高い、ドラッグとパワーが大切になってくるけど、モナコではこのようなことは関係なかった。どちらのサーキットも違った意味でブレーキングはとても大変なんだ-モナコはブレーキの温度の問題で、カナダの方はブレーキングパワーが要るから。(プレスリリースより抜粋)

案外リタイヤの多い厳しいカナダで、スーパーアグリ得意の信頼性で完走出来れば、再びのポイント獲得も夢ではないです。