Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


トヨタ・ラルフ、ポイント圏内での戦いができる!

アメリカGPで今季最高位の6位フィニッシュを果たし、シルバーストンテストでは連日のトップを記録するなど、自信を深めているトヨタ。解雇の噂を振り切りフランスGPに臨むラルフのコメントです。
TOYOTA、ラルフ・シューマッハー
「前戦アメリカGPは、スタート直後の第1コーナーでリタイアを余儀なくされてしまい、特に予選でとても良いパフォーマンスを見せられただけに、非常に残念に思っている。だからこそ、フランスGPは絶対に雪辱を晴らすべく臨む。アメリカGPでのヤルノ・トゥルーリの結果は、われわれがどれだけの力を持っているかを示しており、再びポイント圏内での戦いができると思っている。
先週シルバーストーン・サーキットでテストの機会を得たが、非常に有意義なテストとなり、その日のベストタイムを刻むことができた。テストは順調に進み、全くトラブルも無かった。今週末は十分にポイント圏内での戦いができるはずだ。また、今週土曜日は私にとって32歳の誕生日であり、予選での好結果で誕生日を祝うと共に、ポイント獲得という良いプレゼントを持ち帰りたい」

6位の結果と充実のテストで、トヨタF1全体が勢いを取り戻しつつありますね。中盤勢は激戦なので、トヨタお得意の『カイゼン』の成果に期待しています。