Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


トヨタ・ヤルノ、更なる好結果を望んでいる

進化型空力パーツ導入で、ヤルノだけでなくラルフもまずまずの速さを示す事に成功したトヨタTF107。スタートに不安を残すも今季初のダブル入賞を目指します。
トヨタ、ヤルノ・トゥルーリ:予選8位
「良い予選セッションとなり、結果には満足している。チームと私は公式練習中に懸命な努力を続けて来たが、それはほぼ上手く行き、予選で最大限の力を発揮できた。私も上手くやれたと思うし、チームも良くやってくれた。
予選第2セッションの最後に良いアタックができたことで、最終第3セッションに進めた。 自分が成し遂げたパフォーマンスには満足している。また、最終第3セッションでも“TF107”の全てを引き出すべく全力を尽くし、最高ラップは、ライバル勢とも非常に接近したタイムとなった。6番手とコンマ1秒強の差でしかない。
決勝レースを戦うのを楽しみにしている。前戦アメリカGPでは、8番手からスタートして、好走し、6位フィニッシュを果たすことができた。明日も更なる好結果を望んでいる」

ヤルノはスタートで順位を落とさなければ、更なるポイント獲得も現実的ですね。
ラルフも進化型TF107で、「レースで強いラルフ」の復活を期待したいです。