Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


トヨタ・ヤルノ、ヘアピン進入で判断を誤った

予選8位を獲得し、トヨタ(ラルフ)のレースペースが悪くなかっただけに、残念な結果に終わってしまったヤルノ・トゥルーリ。レースを台無しにしてしまったコバライネンに素直に謝罪しています。
トヨタ、ヤルノ・トゥルーリ:決勝リタイヤ
「1周目の接触はレースでは良くあるアクシデントだ。1周目は非常に混戦であり、正直に言って、私はヘアピン進入で判断を誤った。私は誰も攻撃しようとしたわけではなく、ブレーキングを遅らせ過ぎてしまったために、H.コバライネンに接触してしまった。私のレースも終わってしまったが、彼のレースを台無しにしてしまったことには気の毒に思っている。
残念ながら、私はミスを犯し、この接触のダメージはフロントウィングだけでなく、サスペンションにも及んでいた。接触の後、すぐにピットへ戻ったが、レースの続行は不可能だった。良い戦略と共に、ポイント獲得の自信を持っていただけに本当に残念だ。しかし、次戦イギリスGPは目前に迫っており、チームの誰もが懸命な努力を続けているので、シルバーストーンでは好結果を得られると確信している」

ラルフのレースペースから見ても、トヨタの進歩が確認出来ているだけに悔やまれるミスですね。次戦イギリスGPは、事前テストで連日トップタイムを記録しただけに、トラブル無く完走してもらいたいです。