Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


スパイカー、アルバースの危険なミスに不満

フランスGPで、給油リグを付けたまま発進するという危険なミスを起こしたスパイカーのクリスチャン・アルバースに対し、FIAのレーススチュワードが6800ドルの罰金を科しています。さらに、チーム内からも厳しいコメントが聞かれます。
マイク・ガスコインは、「クリスチャンはミスを犯し、ロリポップが下がっていたにも関わらず、燃料ホースを付けたまま発進してしまった。言うまでもなく非常に危険な状況で、起こってはならない事故だ。チームとして、今後はミスをなくし、もっと高いレベルのパフォーマンスを示していかねばならない」(AUTO SPORTS)

1弱のチームの中で、スーティルがアルバースを上回るレースペースと安定感を見せているので、焦っているのでしょうかね。