トヨタ、ラルフと契約延長!? 

予選で輝くヤルノ・トゥルーリに比べ、不振により今季で放出と噂されているトヨタのラルフ・シューマッハに、地元ドイツ紙が「大幅減棒のうえ残留で合意した」と報じているようです。

これまで年間1,600万ドル(約19億5千万円)とも言われたF1界随一の高給が、2008年には500万ドル以下(約6億円)にまで激減されるとのこと。
しかし別途1ポイントあたり34万ドル(約4,100万円)という途方もないボーナスが得られる契約になるということだ。(FMotorsports)

トヨタからの公式発表ではありませんが、目標を失っているラルフにとっては、新たなモチベーションになるので良いかもしれません。
しかし、トヨタは現状を維持するのですかね。日本人としては、日本人ドライバーを期待したいですが、ヤルノ+平手晃平(21)、ヤルノ+小林可夢偉(20)、まだ弱いですね(中嶋一貴(22)はウィリアムズTOYOTAのレギュラードライバーへ)。