2007F1世界選手権:ドライバーズランキング 

最終戦の大逆転劇で、フェラーリのキミライコネンが初の王者獲得。2007年のF1は、最終的に3人が1ポイントを争う激戦となりました。
大不振の日本勢の中で、ウィリアムズトヨタのニコ・ロズベルグ、そしてスーパーアグリホンダの佐藤琢磨が大活躍してくれました。

1. K・ライコネン Ferrari 110
2. F・アロンソ McLaren 109
3. L・ハミルトン McLaren 109
4. F・マッサ Ferrar 94
5. N・ハイドフェルド BMW 61
6. R・クビサ BMW 39
7. H・コヴァライネン Renault 30
8. G・フィジケラ Renault 21
9. N・ロズベルグ WilliamsToyota 20
10. D・クルサード Red Bull 14
11. A・ブルツ WilliamsToyota 13
12. M・ウェーバー Red Bull 10
13. J・トゥルーリ Toyota 8
14. S・ヴェッテル Toro Rosso  6
15. J・バトン Honda 6
16. R・シューマッハ Toyota 5
17. 佐藤 琢磨 SuperaguriHonda 4
18. V・リウッツィ Toro Rosso 3
19. A・スーティル Spyker 1
20. R・バリチェロ Honda 0
21. S・スピード Toro Rosso 0
22. A・デビッドソン SuperaguriHonda 0
23. 山本 左近 Spyker 0
24. C・アルバース Spyker 0
25. M・ヴィンケルホック Spyker 0
26. 中嶋 一貴 WilliamsToyota 0