Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


トヨタ、小林可夢偉をサードドライバーに起用!

トヨタF1は、2008年のテスト&リザーブドライバーに、TDPの小林可夢偉を起用することを発表しました。

小林可夢偉のコメント
「TDPは私のキャリアにおいて非常に大きな支援をしてくれた。そのサポートにとても感謝している。パナソニック・トヨタ・レーシングのサードドライバーというポジションは私にとって素晴らしい挑戦であり、F1ドライバーになれるということにとても興奮している。レースを始めた時からF1に進むことを夢見て来た。シーズンを通して開発に大きく関わるので、サードドライバーの役割は非常に重要だ。私はF1カーについて多くを学び、それは将来のキャリアにおいてきっと役立つだろう。しかし、まずは、チームが前進するための手助けに集中して行きたい」

トヨタから将来有望なドライバーが、F1の入り口に到着しました。F1でのメイン活動はオフ期間のテストでしょうが、レギュラードライバーに昇格したTDPの中嶋一貴のようにGP2で結果を残し、2009年以降の本家トヨタのレギュラードライバー昇格を期待します。
ただ、トヨタの来期体制がヤルノ&グロック(濃厚)&可夢偉と言うのは、何とも不安です。そして、日本人は要らないと言わんばかりに外国人に札束をばらまき獲得している本家ホンダにも、少しはトヨタを見習ってほしいです。