ウィリアムズ・中嶋一貴、もっとうまくやれたはず 

モナコGP公式予選で、チームメイトのニコ・ロズベルグに大きな差を付けられてしまったウィリアムズトヨタの中嶋一貴。雨の可能性が高いレースを期待しています。

ウィリアムズトヨタ 中嶋一貴(予選14位)
「アタックラップをうまくまとめることができなくて、僕にとっては厳しい予選になってしまった。クリーンラップのひとつではミスをしてしまった。これについてはよく考えて、どうやって改善できるか考えないといけない。ニコは今日はとてもよくやっていた。彼は非常にいいラップタイムを記録していたから、僕ももっとうまくやれたはずだと思う。午後は、午前中とは少しコンディションが変わっていて、レースの天気予報も安定していないようなので、面白いことになるかもしれないね」
絶好調のニコと比較するのは厳しいですが、天気によっては大混乱の展開も予想される決勝レースでは手堅く完走し、ポイント獲得が出来ることを期待します。