Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


F1世界選手権2008:ドライバーズランキング

2008年F1のドライバーズタイトルは、マクラーレンのルイス・ハミルトンが史上最年少で獲得しました。残り数十秒までタイトルが見えていたフェラーリのフェリペ・マッサが2位。チームの方針でタイトル争いから脱落したものの、BMWのクビカが光ったシーズンでした。力の劣るマシンで活躍を見せたのが、元王者の貫禄を見せつけたアロンソと将来が有望なベッテルでした。

日本勢は、トヨタのグロックが大健闘。中嶋一貴も厳しいチーム状況で9ポイントを獲得。日本人初のモナコGP入賞も果たしました。対照的にホンダ勢は、バリチェロが表彰台を獲得するも、エースのバトンがわずか3ポイントと悲惨な結果に終わりました。日本人エースの佐藤琢磨は、スーパーアグリの撤退もあり、0ポイントと厳しい1年となってしまいました。


F1世界選手権2008:ドライバーズランキング
1. L・ハミルトン McLaren 98
2. F・マッサ Ferrari 97
3. K・ライコネン Ferrari 75
4. R・クビカ BMW 75
5. F・アロンソ Renault 61
6. N・ハイドフェルド BMW 60
7. H・コバライネンMcLaren 53
8. S・ベッテル Toro Rosso 35
9. J・トゥルーリ Toyota 31
10. T・グロック Toyota 25


11. M・ウェーバー Red Bull 21
12. N・ピケ・ジュニア Renault 19
13. N・ロズベルグ Williams 17
14. R・バリチェロ Honda 11
15. 中嶋一貴 Williams 9

16. D・クルサード Red Bull 8
17. S・ボーデ Toro Rosso 4
18. J・バトン Honda 3
19. G・フィジケラ Force India 0
20. A・スーティルForce India 0
21. 佐藤琢磨Super Aguri 0
22. A・デビッドソン Super Aguri 0