Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


ホンダ、F1からの撤退を正式発表!!

本田技研工業が、東京・青山の本社で緊急の記者会見を行い、福井社長から2008年でのF1撤退を正式に発表しました。

ホンダ:福井威夫代表取締役社長
2008年をもってF1レース活動から撤退することを決定した。サブプライムローンにタンを発した金融危機、各国に広がった経済の後退により、ホンダを取り巻くビジネス環境が急速に悪化した。回復には、しばらく時間がかかることが予想され、経営資源の効率的な際は分が必要との認識から撤退を決めた

ブランドイメージ向上を目指し参戦した第3期でしたが、トヨタF1より後ろを走ることが多く、今期も下位に沈んでいました。
また、トヨタのパナソニックのように、1社数十億円規模のスポンサーを見つけることができず、「ホンダはどのチームより100億円以上多い」という500億円超の予算が、重荷となりました。

来期こそ、来期こそと言い、大金を使い続けながら、参戦していることが恥ずかしい成績だったので、スーパーアグリ撤退の時よりは残念ではないです。やはり、ホンダスピリッツなど過去のものだったからでしょう。