Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


トヨタ、F1継続参戦を明言!!

トヨタ自動車は、ホンダのF1撤退のニュースを受けて声明を発表しました。F1活動を継続することを明言しました。

「トヨタは現在、F1での成功、コスト削減にむけ取り組んでいる」

「我々は、F1のスピリットを維持される限り、大きなコスト削減を実現しようというFOTAの活動に貢献していきたい」

「FOTAの提案と活動が、この時期、F1が必要としている合理的で安定的な基礎として、それらにふさわしい広範囲なサポートを受けられることを願っている」

「ホンダの決定は同じ日本チームとして残念だが、これはホンダの問題であり、これ以上、彼らの状況についてコメントをすることはできない」


トヨタの今回の発表により、日本のF1は歴史が続いていくことが約束されました。また、トヨタは2012年までの4シーズンは確実にF1活動を続けていくことも認めています。
ただ、フェラーリなどと同様に、コスワースに決まった『F1統一エンジン』が採用された場合は、新シリーズの立ち上げとともにF1撤退の可能性も残されています。

ホンダなき日本のF1をトヨタが盛り上げていくことになりますね。今回のホンダの身勝手な撤退は、ホンダファンですら失望しています。トヨタにとって、現在のF1=ホンダ、トヨタは不要から、F1=トヨタ、トヨタは必然になっていく、自覚を持って活動してもらいたいです。
しかしながら、ホンダはモータースポーツファンすらトヨタに持って行かれちゃうのですね。ただ、セナや佐藤琢磨のように愛されるドライバー、優勝という結果を残すことが出来るかがトヨタの課題です。