Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


オールアメリカン「USF1」が参戦へ!!

アメリカを拠点とする新F1チーム「USF1」が、2010年からF1世界選手権に参戦することを正式に発表しました。

USF1は、デザイナー、エンジニアのケン・アンダーソンとスポーティングディレクターを務めるピーター・ウインザーが中心となり、設立されたチームです。
拠点は米ノースカロライナ州シャーロット。スタッフは約100人態勢で、年間予算は約6400万ドル(約61億9000万円)を予定しています。ドライバー、はスコット・スピードやダニカ・パトリック、カイル・ブッシュなど候補に挙がっています。

日本メーカーにも関係ありそうなのがエンジンで、BMWやメルセデス・ベンツ、トヨタが有力です。また、アメリカ市場を意識して、ルノーが日産ブランドでのエンジン供給もあり得るとのことです。

ホンダがスーパーアグリを無理矢理参戦させた時とは違い、じっくり時間をかけての参戦なので、安定したチーム運営が出来そうですかね。 また、アメリカGPやカナダGPの復活も考えられるので、自動車メーカーにとっても、嬉しい事でしょう。