佐藤琢磨、F1残留確定!?最終テストに参加も? 

厳しい状況の佐藤琢磨ですが、2009年F1残留がまもなく決定されるようです。

琢磨は、トロ・ロッソのレースシート獲得を目指したものの、セバスチャン・ボーデとのシート争いに敗れました。そして、ヴァージングループがホンダの買収候補とされたときには、逆転でのシート獲得も期待されました。しかし、ロス・ブラウンによるチーム買収が濃厚で、2009年F1レギュラードライバーの可能性は無くなりました。
しかし、レッドブルのディートリッヒ・マテシッツは、琢磨が日本で人気の高いドライバーであることを認め、レッドブル販売促進に琢磨を利用したいと考えています。

今後、レッドブルが琢磨と契約した場合、レッドブル(ルノー)とトロ・ロッソ(フェラーリ)のリザーブドライバーとして登録されます。レッドブルが契約する4人のレギュラードライバーに何らかの問題が発生した場合は、レースに出走することになります。

さらに、シーズン前最後の合同テストであるバルセロナテストに、琢磨がトロ・ロッソの新車STR4をドライブする可能性も示唆しています。


レッドブルによる販売戦略の思う壺で不満もありますが、何としてもF1残留を目指す琢磨だけに、レースドライバーに最も近いリザーブドライバーとして生き残る可能性が高そうです。