ロス・ブラウン、ホンダF1を買収!ブラウンGP誕生!! 



ブラウンGPは、公式サイト(http://brawngp.com/)でホンダF1チームの買収に成功したことを発表しました。

今季からの参戦を果たすブラウンGP。黄色、黒色、白色をベースにしたカラーリングになる新車「BGP 001」。エンジンには、メルセデスからカスタマーエンジン「FO108W」が供給。ドライバーは、エースのジェンソン・バトンに加え、ブラウンからの信頼が厚いルーベンス・バリチェロと契約しています。

すでに新車「BGP001」を完成させているブラウンGPは、7日にシェイクダウンを行い、9日からからバルセロナで行われる合同テストに4日間参加し、さらにヘレスで3日間のテストを行う予定です。

ブラウンGP概要
チーム名: Brawn GP Formula One Team
チーム代表:ロス・ブラウン
シャシー:BGP 001
エンジン:メルセデス FO108W
ドライバー:ジェンソン・バトン
ルーベンス・バリチェロ

ブラウンGPチーム代表:ロス・ブラウン
「過去数ヶ月間はチームにとって非常に厳しかったが、今日の発表は将来を確保するためになされた多大な努力に対する非常に喜ばしい結果である。
まず、本田技研とこれほど長く仕事をしてきたあと、これ以上協力を続けることができないのは非常に残念である。このプロセスの間、特にこの協定の締結に密接に関わった幹部の皆さんの素晴らしい協力と支援に、そしてわたしとチームに対する信頼に感謝したい。
また、この機会に、ブラックリーのスタッフの功績を称えたい。ファクトリーにおける彼らのモチベーションと献身は、大いに称賛されるべきである。

わたしは、ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロが2009年シーズンのレースドライバー・ラインアップを構成することを喜んでいる。我々は、3 月29日メルボルンで開催させるシーズン初戦に向けて短時間で準備を進めているので、両ドライバーがチームにもたらす豊富な経験と知識は非常に貴重である。ペアとして4シーズン目を迎えるので、彼らの経験とブラックリーのチーム、我々のシステム、エンジニアが真の資産となるだろう。
その存在がなければ今日の発表は不可能だったという人々全員について言及するのは不可能であるが、特にメルセデス-ベンツ・モータースポーツ、FIA、 FOM、FOTA、BERR、ブリヂストン、チームのパートナー、世界中のファンのサポートに感謝したい。これから先 の旅はチャレンジングだが、エキサイティングでもあり、我々は、チームとその野心に対する皆さんの熱意に支えていただけることを理解している。」

新チームは、時間も少なく苦戦が続くでしょう。ただ、同シャシーを使用していながら、昨年大差がついたレッドブル(ルノー)とトロ・ロッソ(フェラーリ)のように、エンジンをホンダからメルセデスに変更することで、予想外の速さを見せる可能性も、あり得るでしょう。