ホンダ、これからも夢と感動を!! 

ホンダF1は、ロス・ブラウンにチームを売却し、第3期のF1活動を終えました。

HRF1は、チームとしてのラストメッセージを公開。2006年ハンガリーGPでの奇跡の優勝を最高の思い出とし、Hondaのモータースポーツ活動の継続を誓っています。

Honda Racing F1 Team ラストプレスリリース
「これまで長年にわたりHonda Racing F1 Team にご声援をいただき、心より御礼申し上げます
2000年にF1レース活動を再開し、2006年からはワークスチームとして戦ってまいりました。その年のハンガリーGPで、ジェンソン・バトン選手が初勝利した瞬間を、多くのファンの皆様と喜びを分かち合えたことが最高の思い出となりました。世界中の皆様からいただきました、私たちへの熱い想いは決して忘れません。ありがとうございました
しかしながらHondaのモータースポーツ活動でのチャレンジは終わりません。私たちはこれからも“夢と感動”を、多くの皆様に提供し続けたいと考えております
今後とも引き続きHondaへの声援をお願いいたします」


日本チームとして、唯一の優勝を経験しているホンダ。第3期は、通算3回目の優勝を達成したものの、下位に沈むことが多く、無念の撤退となりました。

またいつか、本田技研工業がF1で走る姿を期待しています。そして、日本人の夢である『日本人ドライバーによる君が代』を聞かせてください!!

ホンダF1通算成績
参戦年度 1964 - 1968, 2006 - 2008
出走回数 88
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 3
通算獲得ポイント 157
表彰台回数 9
ポールポジション 2
ファステストラップ 2
F1デビュー戦 1964年ドイツGP
初勝利 1965年メキシコGP
最終勝利 2006年ハンガリーGP
最終戦 2008年ブラジルGP