トヨタ・トゥルーリ、自信を持って開幕戦を迎えられる!! 

バルセロナ合同テスト2日目は、フェラーリのキミライコネンがトップタイムで終えました。2番手にウィリアムズトヨタの中嶋一貴。3番手にニック・フライの残留が確定したブラウンGPのバリチェロでした。

4番手タイムを記録したトヨタのヤルノ・トゥルーリ。シーズン開幕前最後のテストを終え、これまでにない自信を持って開幕戦を戦うことが出来るようです。

トヨタ:ヤルノ・トゥルーリ
「私にとって今日は、シーズン前最後のテスト走行。メルボルンの開幕戦に備え、長い連続走行をし、周回を重ねた。オーストラリアのレースで走るまで分からないが、これまでのテストには満足している。TF109の性能の高さは一貫していて、自信を持って開幕戦を迎えられる。戦う準備はできた」

トヨタ:ディーター・ガス
「今日も興味深く、得るものが多かった。ロングラン評価を行い、メルボルンの開幕戦に向けた準備の最終確認をした。今日は、トゥルーリのテスト最終日。彼は、車のバランスの良さには満足しているようだ。順調に仕上がっている」


予選で優れたパフォーマンスを披露してきたトヨタ&トゥルーリ。今期は、オーバーテイクがしやすくなると言われているので、ロングランでのパフォーマンスアップが課題です。