ブラウンGP、ニック・フライは重要なCEOで残留へ 

ブラウンGPで、明確なポジションが明かされていなかったニック・フライが、ホンダF1時代同様にチームのCEOに留まることが明らかにされています。

バルセロナテストで、初めてホンダF1の買収について語ったロス・ブラウン。その中で、ニック・フライが主要なメンバーであることを明言しています。

ブラウンGP:ロス・ブラウン
「ニックはチームにとって重要なメンバーである。彼はCEOとしての職に留まり、今後も必要不可欠なメンバーであり続ける。いろいろな噂もあったが、ニックの立場は変わらない。彼はチームのとりまとめにとって決定的な役割を果たした。
このチームを存続させる努力をしている間には非常に厳しい日もあったので、わたし自身、ニック・フライ、ナイジェル・カー、キャロライン・マグローリー、 ジョン・マーズデンがグループとしてまとまっていなければ、これを達成するのは非常に難しかっただろう。我々がメルボルンに向かうということを発表できて嬉しい。素晴らしいことだ。」


琢磨ファンとしては不満ですが、チーム発表前のFOTA会議での笑顔を見れば、今回の残留確定も納得です。
ホンダから豪華なチーム設備と優秀な人材を獲得させて安価に買収し、ホンダが獲得できなかった冠スポンサーを見つけ、ホンダエンジンより圧倒的なメルセデスエンジンまで獲得。ロス・ブラウン&ニック・フライ恐るべし。