Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


オーストラリアGP金曜フリー2:ロズベルグが初日トップ!

2009年F1世界選手権開幕戦オーストラリアGP金曜フリー走行2が終了しました。

ソフト側のタイヤでアタックする車も多く、タイムがある程度参考になった金曜フリー走行2でのトップタイムは、ウィリアムズトヨタのロズベルグ。2番手は、ブラウンGPのバリチェロ。3番手は、トヨタのトゥルーリでした。
7番手に中嶋一貴が入り、合法と認められるもディフューザーに疑惑が持たれた3チームが上位を独占しました。

10番手、11番手のフェラーリは問題ないとして、マクラーレンが、17番手、18番手で、金曜フリー走行とはいえマシンの遅さは本物と言えそうです。


トヨタは、トゥルーリが3番手、グロックが6番手。
非常に安定していて、決勝レースに向けて期待できる初日となりました。

ウィリアムズトヨタは、ロズベルグが1番手、中嶋一貴が7番手。
一貴のアタックラップはブラウンGPに引っかかったこともあり、もう少し上が狙えそうです。

フリー走行2は、日本国内最速男インパルトヨタの松田次生による地上波では難しすぎて放送しにくい、ドライバー視点による解説に感心しながら見ました。
テレビには、問題のディフューザーの比較映像が多く映りました。そして、フリー走行とはいえ、グレーゾーンのディフューザーで0.5秒を稼ぎ出しているのは間違いない事実でしょう。このまま、3チームが優勝争いをするようだと、トヨタファンとして合法だと信じたいですが、政治力が物を言うのがF1であるだけに不安は増大するばかりです。


オーストラリアGP土曜フリー走行は、土曜日午前11時55分生中継開始です。ちなみに、スカパー!e2のフジテレビCSHDでは、オーストラリアGPを(BSデジタルが視聴可能な方なら)完全無料で放送中です。