F1世界選手権2009:エンジンメーカーランキング 

2009年のF1世界選手権のエンジンは、全17レースの全セッションを8基以内で戦わなければなりません。よって、17戦で8基のエンジンをどういうプランで使用するかも見所になります。もし、9基目を使用したときはペナルティーになります。

F1世界選手権2009:エンジンランキング
1. メルセデス 256  (ワークス、フォース・インディア、ブラウン)
2. ルノー 179.5  (ワークス、レッドブル)
3. TOYOTA 94  (ワークス、ウィリアムズ)
4. フェラーリ 78 (ワークス、トロ・ロッソ)
5. BMW 36 (ワークスのみ)



F1GP:ポイントランキングに戻る