FN09開幕戦富士決勝レース:トレルイエ完勝! 

2009年フォーミュラニッポン開幕戦、富士スピードウェイの決勝レースが終了しました。

新シャシーや新エンジン、オーバーテイクボタンの搭載など、目で見てすぐに分かる大幅な変更が行われた新生フォーミュラニッポン。

ドライコンディションで行われた開幕戦で勝利したのは、勝負所で伊沢をオーバーテイクしたLAWSON TEAM IMPUL(TOYOTA)のB・トレルイエ。2位は、DOCOMO TEAM DANDELION RACING(HONDA)の伊沢拓也。
PPスタートで、ahead TEAM IMPUL(TOYOTA)の平手晃平は、スタートに失敗し3位でした。
2年連続チャンピオンLAWSON TEAM IMPUL(TOYOTA)の松田次生は、PETRONAS TEAM TOM'S(TOYOTA)のアンドレ・ロッテラーとの接触で、リタイヤに終わっています。


F1同様、大きな変更が行われた2009年も「日本一速い男」星野一義監督率いるIMPUL TOYOTAが、強さを見せてくれました。
アニメのようなマシンに加え、オーバーテイクボタンの使用状況がわかるLEDランプが、分かりやすくて良いのですが、ピカピカ光る状況には思わず笑ってしまいました。

第2戦は、5月17日に生まれ変わった鈴鹿サーキットで行われます。