ディフューザー問題の控訴審にマクラーレンも出席 

FIAは、14日に行われるディフューザー問題の国際控訴審で、マクラーレンからも意見を聞くことを明らかにしました。


ディフューザーギャングこと、ブラウン、トヨタ、ウィリアムズの3チームのマシンの合法性を問う審議が14日に行われます。抗議したのはオーストラリアGPでのレッドブル、ルノー、フェラーリに加え、マレーシアGPでのBMW。そして、マクラーレンも出席することが決まりました。トロ・ロッソとフォース・インディアは出席しません。

合法か、違法かの評決は15日の午後に発表される見込みです。すでに2回のレースでFIAのレーススチュワードは、マシンを合法と判断していて、レースで最高の結果を残しています。


日本チームが関与しているだけに、合法であると信じたいです。ただ、F1村のことですから、大逆転の黒判定もありえます。
これまでのFIAは独走しそうなチームに対して、厳しい規制をかけてきたイメージがあります。開幕2戦の結果からの除外は厳しすぎるとして、到底納得いかない理由による使用禁止措置などが落としどころかもしれません。