スーティル、自信はあるよ・・・ 

フォース・インディアのエイドリアン・スーティルは、完全なポテンシャルが発揮されるには時間がかかると考えているようです。

開幕2戦で予選Q1から抜け出せず、決勝でもノーポイントに終わっているフォース・インディア。それでも、スーティルはVJM02の改善に自信を持っています。

フォース・インディア:エイドリアン・スーティル
「僕たちは約120日でマシンを作り、あまり多くのテストができなかったので、困難な状況にある。だから、上向くのはハードなことだ。僕たちは風洞で多くのことを行っており、有望だと思う。問題はそれが十分な前進を遂げているかだ。他のチームが眠っているわけではないからね。でも、自信はあるよ。現在、マシンはよく動いていて、かなり満足している。信頼性の問題もなく、助けになっている。マシンを理解するためにはマイレージが必要だからね。」


マクラーレン・メルセデスとの提携1年目のフォース・インディア。効果が現れるにはまだまだ時間がかかるでしょう。ただ、マクラーレンには詐欺行為により、重い罰則が下される可能性が高く、ブランドイメージが失墜したメルセデスの撤退話もあり、下位脱出は簡単ではなさそうです。