中国GP土曜フリー走行:ロズベルグトップタイム! 

2009年F1第3戦中国GPの土曜フリー走行が終了しました。


フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、1:36.133でウィリアムズトヨタのロズベルグ。スタート直後にグラベルにハマるミスも、一発の速さを見せました。
2番手は、トヨタのトゥルーリ。新たなディフューザーを投入したマクラーレンのハミルトンが3番手。ブラウンメルセデスのバトンが4番手。

ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は、渋滞にはまったこともあり8番手。トヨタのグロックは、ギアボックストラブルで今後が不安な最下位タイム。


トラブルが多く出た土曜フリー走行になりました。新ディフューザーを搭載したマクラーレンが予選でQ3進出することが出来るのかに注目です。


まだまだ余裕が感じられるブラウンメルセデスのバトンが3戦連続のポーロポジションを獲得してしまうのか、公式予選はこのあと日本人間15時から行われます。