ウィリアムズ:中嶋一貴、今週末はいい結果につなげたい! 

開幕3戦をチームのミスもあり、ノーポイントに終えたウィリアムズトヨタの中嶋一貴。
以下、バーレーンGPに向けた一貴のコメントです。


ウィリアムズトヨタ: 中嶋一貴
「上海は難しかったです。路面上の水はアクアプレーニングを引き起こすだけで、特に最終コーナーの出口はすごかったですし、トランスミッションの問題でリタイアするまでも何度かコースオフを喫しました。その後、いい報告を聞いていますし、ペースを向上し続けて、今週末はそれをいい結果につなげられればと思っています。
昨年のバーレーンはそれほどいい週末ではありませんでしたし、コースになれるのが難しいことも分かりました。今年はもっとポジティブな形で向かうことができるので、違う結果になってくれればと願っています。ストップ・アンド・ゴーのサーキットなので、ストレートラインスピードが必要で すし、優れたブレーキ、トラクションも必要です。ブレーキを相当利かせて、側面の負荷が多い9コーナーと10コーナーはちょっとトリッキーですね。」


チームメートのロズベルグに、セクターごとにコンスタントに遅れをとってしまっている中嶋一貴。普通のレースが予想されるバーレーンで結果を残してもらいたいです。