Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

ライトスピード、F1参戦を表明

F3チームであるライトスピードが、予算制限される2010年F1に参戦する意向があることを明らかにしました。

ライトスピード代表:ニノ・ジャッジ
「予算制限は撤回されるかもしれないし、われわれの申請が受理されるかも分からない。ポイントになるのは、このプロジェクトには時間がなく、準備を進めるにはそれなりのリスクが伴うということだ
F1参入には、またとないチャンスだ。革新的、経済的、そしてエンジニアリングをベースにした予算制限は、独立チームにレースする場を与えてくれる素晴らしい機会だ。FIAとFOTAは、速やかに妥協してくれると信じている
予算制限はライトスピードGPの性格に合ったものだ。それが、今回の発表に踏み切った理由だ。」


ライトスピード同様、新規にF1に参戦を予定しているチームにとっては、FIAとFOTAの会議で、予算制限が緩和や撤廃されれば、F1参戦を諦めるチームが出てくることになりそうです。