FIAとFOTA、会議は合意に至らず 

FIAとFOTAの会議は、FIAは予算制限の妥協を拒否。会談は物別れに終わりました。

トヨタのジョン・ハウエットが会長代理を務めて行われた会議ですが、残念ながらなんの進展もなく、終了しました。

マックス・モズレーFIA会長
「友好的な会議だったが、最終的には彼らが、予算制限よりも良い代替案を出せるかどうか、というところに落ち着いた。
エントリー受け付け期限は、潜在的な新チームのためにも遅らせられないと伝えた。
レギュレーションは発表されたまま変更しない。みんなが同じルールの下でレースしてほしいとも、全チームが予算制限に参加してほしいとも説明した。彼らは、今後どうするかを考えるために立ち去った。」


まだまだ撤退騒動は、終わることはないようです。29日のエントリー締め切りまでに、どのような妥協案が見いだされるのでしょうか。