Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

モナコGP決勝:バトン圧勝で今季5勝目!!ブラウンGP歴史的快挙!

2009年F1第6戦モナコGPの決勝レースが終了しました。

ポールポジションからスタートしたブラウンGPのバトンが、危なげなくレースを展開し、圧倒的な強さで今季5勝目を達成。バリチェロが2位で、ブラウンGPは今期3度目のワン・ツー・フィニッシュ。1年目のチームによるモナコ制覇という、歴史的な快挙となりました。

3位表彰台は、フェラーリのライコネン。4位にもフェラーリのマッサ。
トルコGPで速さを見せれれば、中盤戦以降に期待できます。

5以下の入賞者は、レッドブルのウェーバー、ウィリアムズトヨタのロズベルグ、ルノーのアロンソ、トロ・ロッソのブルデー。15台が完走扱いでした。

トヨタ勢は、グロックが10位、トゥルーリが13位。
トルコでGPでは、ここまで悪いことはないでしょうが、迷宮入りしてしまわないことを願います。

ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は、10位走行中の残り1周でミラボーのバリアに突っ込み、リタイヤしています。


特殊なコース特性のモナコでもブラウンGPの圧勝に終わりました。もし、最多優勝者がチャンピオンを獲得する新ポイントシステムが採用されていれば、6戦で5勝のバトンを超えるドライバーの登場は期待できず、ここでシーズンが終わっていたかもしれません。

それでも、バトンがワールドチャンピオン候補に最もふさわしいドライバーであることには変わりありません。


このままブラウンGPのバトンが独走してしまうのか、モナコとはコース特性が全く異なる第7戦トルコGPは6月7日に決勝レースを迎えます。