Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

ウィリアムズ、2010年F1へのエントリーを提出!

ウィリアムズは、F1の既存10チームの中で初となる、2010年F1世界選手権へのエントリーを提出しました。


フェラーリとトヨタを含むいくつかのチームは、バジェットキャップ問題の中身が変更なされない限り2010年のエントリーを行う用意がないことをすでに表 明済みだ。しかし、週末にモンテカルロで行われた会合では、FIAが当初の計画を2011年まで延期するかもしれないことを示唆している。
これを受けたFOTAは、バジェットキャップ論争がある程度の解決に導かれたとの認識に至ったとコメント。そうした中で今回のウイリアムズのエントリーが明らかとなった。 (AUTO SPORTSより)


ウィリアムズが、予想通りいち早くエントリーを提出しました。続くのは、立場の弱いマクラーレンと見られています。
エントリー締め切りは29日で、延長する予定はありません。2010年のエントリーリストは6月中に発表されます。

ウィリアムズトヨタは、唯一の日本人ドライバーである中嶋一貴を起用しています。一部には、2010年のレギュラーシートを確保しているとされますが、トヨタF1がエントリーを提出するまでは安心できません。また、一貴には結果を残し残留を決めてもらいたいです。