Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

フェラーリ:ライコネン、まだやるべきことが残っている!

フェラーリのキミ・ライコネンは、フェラーリには優勝できるだけの速さはまだないと語りました。

フェラーリ:キミ・ライコネン
「僕らは復活しつつある。本当に望むポジションに到達するにはまだ時間はかかるだろうが、この数カ月で僕らはとても大きく進歩した。僕らはポジティブでいなければならない。ファクトリーでもサーキットでも皆懸命に働いている。ようやく結果が出始めたので、皆の士気が高まり、さらに皆プッシュしていくだろう。次のレースではまた新たなパッケージを導入するはずだし、それも役に立つと思う。3位と4位は悪くはないけれど、自分たちが本当に望んでいる場所に到達し、優勝を狙うには、まだやるべきことが残っている」

悪夢の序盤戦となったフェラーリ。それでも、モナコGPではライコネンが3位に入り、復活の兆しが見え始めています。


ブラウンGPを止める筆頭と見られたレッドブルが今ひとつなので、シーズンを終わらせないためにも、フェラーリの復活を期待したいものです。ただ、フェラーリの課題は、マシンだけではないので、復活はまだまだ遠いでしょうね。ライコネンも、将来を見据え、今週末はイタリアラリーに参戦するようですし・・・。