2010年F1、新チームだけでも存続可能に!? 

FOTAの8チームが撤退しても、2010年のグリッド数が確保できることが明らかにされています。
以下、2010年へのエントリーを済ました(とされる)チーム一覧です。

FOTAの8チーム(撤退の可能性あり)
BMWザウバー
ルノー
レッドブル
フェラーリ
トロロッソ
トヨタ
マクラーレン

2010年F1参戦確定
ウィリアムズ
フォースインディア

新規参入を目指すとされるチーム
USF1
カンポスレーシング
プロドライブ
ローラ
ライトスピード
マーチ
チーム・スーパーファンド
エプシロン
Nテクノロジー
ブラバム


新規参入を希望するチームが10チーム20台を超え、FOTAの8チームが最悪撤退したとしても、既存数チームと新規チームで、2010年以降のF1は継続することが可能です。
さらに、数チームがエントリーしているといわれています。

FOTAの8チームが無事参戦していることを願いたい、2010年のF1エントリーリストは6月12日に発表されます。