Sky7F1.com

ARTICLE PAGE


ウィリアムズ:中嶋一貴、ベストレースになったはず・・・

ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は、トルコGPをピット作業のミスもあり、12位で終えました。

ウィリアムズトヨタ: 中嶋一貴(決勝12位)
「僕はいいスタートを切って、1周目は順調に走っていたんだ。2回目のピットストップまではすべてがうまく行っていたんだよ。そこで起こったことは本当に残念だ。それまではおそらく僕のこれまでのキャリアの中でもベストレースだと思っていたからね。基本的に、僕たちは今日はコンペティティブだった。だから、いいクルマを作って、ライコネンとアロンソを抜くことができるような堅実な戦略を立ててくれたチームには感謝している。あとはピットストップのミスから学び、次回もっといい結果が出せることを願っているよ」(プレスリリースより)


ピットでのミスまでは、完璧な流れだっただけに残念ですね。

今年の戦闘力では、一貴がトラブルなくいいレースをして、上位陣の何台かがミスやリタイヤをしない限り、入賞は厳しいです。それでも、同じ世襲ドライバーのピケJrがルノーで走っているうちに、先に入賞してください。