ARTICLE PAGE


メルセデス・ベンツ、ブラウンGPとの契約延長を希望

メルセデス・ベンツは、2010年以降もブラウンGPとのエンジン契約を希望しています。

メルセデスのノルベルト・ハウグは、「信頼でき、責任あるエンジンサプライヤーを持つことは、とても重要なことだ。ブラウンGPとは、3年契約を結びたいと考えている」とコメント。契約延長を望んでいます。

しかし、F1規約では自動車メーカーが提供できるカスタマーエンジンは、1チームのみです。そして、メルセデス・ベンツは、フォースインディアと2009年から5年間の契約を締結しています。(今期のエンジン使用は、FIAもフォースインディアも了承)


フォースインディアは、2010年はライバルになるかもしれないプライベーターのブラウンGPへのエンジン供給をすんなり許可するのでしょうか。